2014年9月30日火曜日

生後516日目 トラブル対応・・・と国税関係書類

昨日は遅くまでトラブル対応に追われ、帰宅したのは息子がほとんど眠りそうな状態の頃。今朝も息子が起きる前に出てきたので、ちゃんと息子の様子を観ることができていない。妻が、11月の息子の口蓋裂手術に向けて、左右の抑制帯を結ぶ方法をいろいろ考えて、手芸店で買ってきたものの説明を聴くのがやっとだった・・・

その仕事に加え、ローン契約に絡んで、過去3期分の確定申告書類と納税証明書を提出しなければならなくなったので、昨晩はその処理をしていた。直近(25年)のものは目につく所に保管していたのでOK。その前(24年)は少し探したら出てきたが、3期前(23年)の控えがなかなか見つからない。

仕方ないので確定申告ソフトの保存データを探し、平成23年版の「みんなの確定申告」のCD-ROMを見つけ出してインストール。だが、保存データを「みんなの確定申告」に認識させる方法がわからない。苦労したあげく、パブリックドキュメントのSorimachiの下に保存データをコピーすることで対処できたが、この時点で午前1時。さらに納税証明書の交付申請と委任状を書くのにも、用紙をプリントアウトしている途中でPCがブルースクリーンになるなどトラブル多発。結局眠ったのは2時くらいだった。

今朝、シャワーのついでに自分の体重を計ると、前日から1.1kgも減少していた。こういう痩せ方は良くないと・・・何度も思っているのだが。

これは秋分の日にショッピングセンターの中の店でモーニングを食べた時のもの。昨日は写真が撮れていない・・・。

さて、今日もトラブル対応の続きなのでこのへんで。



他のブログもチェック→にほんブログ村 病気ブログ 口唇口蓋裂へにほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ

2014年9月27日土曜日

生後513日目 口蓋裂手術の時期

息子が私の本棚から本を取り出して遊ぶようになり、日替わりで本がテーブルの上に出ているような状態だ。昨日出ていたのは「口唇口蓋裂の理解のために 第2版」。


息子が生まれる前、エコーで口唇口蓋裂と診断されてからすぐに購入して読んだ本だ。既に懐かしい感じがするが、もう一度口蓋裂手術に関する部分を読み返してみた。

 口蓋裂の手術は、日本では私達の施設も含め、多くは反語期(親の言葉を真似て反復発語する時期、通常一歳十ヵ月ごろ)の直前の一歳六ヵ月~一歳十ヵ月ごろ、体重十キログラムを目安として施行されます。
 口蓋裂の手術は、家族の心理、言語の面からは早期に行うことが望ましいわけですが、顎、顔面の発育の点からは、できるだけ遅いほうが有利といえます。
息子がかかっている大学病院でも口蓋裂の手術は1歳6ヵ月以後であり、この記述と整合する。ただし、この本にも記述されているが、口蓋裂の手術時期は施設・国によって様々なようだ。生後数ヶ月から6~10歳(2回法の場合)までその範囲は広い。もちろん、患児それぞれの状態によっても数ヶ月単位で変わるだろう。

言語と顎・顔面の発達のバランスを考えた手術時期が選択されているとはいえ、生後1歳6ヵ月であっても顎の発達に全く影響がないわけではないようだ。そのため、いずれにせよ術後のフォローが重要であり、顎の劣成長がみられる場合には矯正装置の使用もありうるらしい。

・・・
昨晩は妻の提案で、食後に近く(車で15分くらい)のショッピングモールへでかけた。内股の部分に穴が空いてしまった私のジーンズの代わりを買うためだ。休日の昼間に行くとものすごく混雑するので、こうして夜に出かけることが時々ある。

買ったのはユニクロのスリムフィットストレートジーンズで、4,000円ほどのもの。ちなみにジーンズを買うのはたぶん2年ぶりだが、ウェストが1サイズ小さくできたのは喜ばしい。ユニクロにはベビー服も結構揃っていて、モノによってはアカチャンホンポや西松屋よりも良いのでは?と思える商品もあった。

既に夕食をとっていたので私は何も食べなかったが、妻はフードコートで並盛り牛丼を注文した。そのご飯の約半分を息子に食べさせたのは私。こんなに食べられるのか?と思いながら・・・だが、当然のように完食してくれた。体重は11.3kg。



他のブログもチェック→にほんブログ村 病気ブログ 口唇口蓋裂へにほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ

2014年9月25日木曜日

生後511日目 ぐるぐる回る/無痛分娩

昨晩あたりから、その場でぐるぐる回って目が回るのを面白がっている息子。回り終わってフラフラ歩き、ペタっと座り込むか、コケる。ソフトマットの上ならまだ良いのだが、色んな所に頭をぶつけそうになるので心配だ。

それから、夕食は焼き魚を軽くほぐしたものをそのまま食べてくれた。
あと、炒り玉子も結構食べた。一時期心配した卵アレルギーもどこへやら。一晩経過した今朝もアレルギー反応は出ていない。

最近思うこととしては、手づかみで自分で食べているところを見てみたいのだが、一部の子ども用スナック菓子以外では、あまり自分で手を出そうとしない。積極的に手を出したら出したで大変なのだろうが・・・。

・・・

こんな記事が目にとまった。

無痛分娩 回復早く高齢出産リスク軽減
 麻酔科の奥富俊之診療教授は「体力の消耗を防ぎ、産後の回復も早い。医療上のメリットもある」と指摘する。出産で痛みを感じると、血管が収縮し、胎盤を 介して赤ちゃんへ送られる血流が少なくなる。だが、無痛分娩なら、痛みによる血流の変化を抑えることができ、赤ちゃんへの酸素を安定して供給できる。高血 圧や精神疾患など持病のある人は、脳出血やパニック発作などのリスクを抑えることが可能だ。高齢妊婦の場合、体力の温存ができる。
足掛け3日の出産に立ち会った夫の立場で言えば、妻の負担はできるだけ軽いに越したことはないので、本人が無痛・和痛分娩を望むのであればそうした方がいいのではないかと思う。

妻が出産した病院でも、和痛分娩を扱っていた。妊婦検診時に、和痛分娩のポスターを見て、妻にそれとなく話をふってみたが、妻は希望しなかった。なぜ希望しないのか・・・までは聞いていないが、彼女なりの考えがあったのだろうと思う。

無痛・和痛分娩を希望する妊婦に対して、「痛みを乗り越えてこそ愛着がわく」などといった意味不明な理由で反対、批判する人がそこそこ居るが、全くのナンセンスだ。日々医療技術は進歩しており、本人にとってその時のベストな選択をすることこそ理にかなっている。通常の外科手術では麻酔が当たり前になっているのに、出産にのみ激烈な痛みを強いる正当な理由はあるだろうか。



他のブログもチェック→にほんブログ村 病気ブログ 口唇口蓋裂へにほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ

2014年9月23日火曜日

生後509日目 会話での思いやり

私達は息子の口唇口蓋裂絡みの友人に恵まれているようで、1年と少し前、同時期に入院したお子さんのお母さん達と妻は今でも頻繁にメールや電話のやりとりをしている。

生後146日目 妻のメル友急増

妻はアナログ人間なのでケータイで長い文章を打つのが苦手なのだが、こと「口唇口蓋裂ママ友」とのやりとりに関してはいつも頑張って入力している。比較的重要な内容になると、私に校正を頼んでくることもある。

相手がママ友の場合に限らないが、メールの際に妻にアドバイスをしていることが2つある。
  • まず相手のことを気遣い、自分と息子のことはその後に書くこと
  • 「人それぞれ」を常に意識し、思い込みをできるだけ排除すること
読んだ人の立場に立って想像力を働かせ、相手が傷ついたり不快な思いをしないような文章を作ることは意外に難しい。また、メールなら推敲ができるが、これが会話になると簡単に不用意な発言をしてしまいがちだ。子供が同じ病気を持っていても、だ。

特に「奇形」や「遺伝」という微妙な単語が聞き手によって様々な受け止められ方をすることは留意すべきだ。年齢・性別はもちろん、育ってきた環境や社会的背景によって聞き手が受ける印象は全く異なることは知っておくべきだろう。やはり、社会経験をあまり積んでいない20代前半に軽率な発言が多いように感じるが、もちろん中には非常に丁寧に言葉を選んで会話ができる若い方もおられる。

逆に、ベテラン医師の中にも、こうした相手を傷つける発言をしてしまう人がいる。例えば、難聴が疑われるお子さんのお母さんに、さらっと「今は人工内耳もあるから」と軽く言ってしまうような人だ(実話)。

基本的に、誰でも「何も考えずに話せば必ず相手に不快な思いをさせる」くらいに思っておけばいい。病気に関することなら尚更だ。

ではどんな話し方をすれば良いの? ということになるが、これはケースバイケースなのでこれと言った答えはない。ただ、言葉を発する前に一呼吸置いて、一度胸の中でその言葉を反芻してみてほしいと思う。

こんなことを書くと、病院の待合などで声を掛けづらくなる、というお母さんがおられそうだが、そこはぜひ頑張って話しかけるようにしていただきたい。相手を思いやる気持ちを忘れなければ、それは必ず伝わるものだ。

・・・

息子の現在の遊び。メントスの空き容器に円柱形のソフト積み木を入れて出す、の繰り返し。

体重は11.4kgになった。



他のブログもチェック→にほんブログ村 病気ブログ 口唇口蓋裂へにほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ

2014年9月19日金曜日

生後505日目 妻の誕生日

昨日は妻の誕生日。「会社の帰りにケーキでも買って帰ってサプライズ」と思っていたのだが、朝一番で「誕生日だ・・・が~ん」と言っていて、ケーキぐらいではサプライズになりそうもなかった。

その妻と娘は、日中に焼肉店の大盛りランチを二人して食べていたらしい(通常、娘と妻がライスを「大」にし、ダイエット中の私は「小」ライスにする)。娘はそれなりに京都で節約生活を送っているので、たまにおなかいっぱい食べるのもいいだろう。

その娘は夕方4時頃に新幹線に乗って帰っていったそうだ。大量の訳の分からない荷物(例:高校の時の化学のプリントとか)とともに・・・

・・・

仕事帰りに駅の商業施設にあるケーキ屋さんで買ったのは普通のバースデーケーキではなく、ワッフルの10個セットを購入。色んな味をちょこちょこ楽しみたいタイプの妻にはちょうどいいだろうと考えた。凍っていて、持って帰ったらちょうどいい感じ。とりあえず妻が3個連続で食べ、ダイエット中ながら私も2個。シャリシャリした食感が楽しかった。

ちょうど1年前は、口唇裂の手術の術後5日目であった。



これが1年後にこうなる・・・



そう言えばハイハイの時期はとっくに過ぎて、最後にハイハイを見たのはいつだろう? 成長は楽しいけれど少し寂しい気もする。



他のブログもチェック→にほんブログ村 病気ブログ 口唇口蓋裂へにほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ

2014年9月18日木曜日

生後504日目 無許可助産院での死亡事故

相模原市の助産院で出産直後の女性が大量出血で死亡し、その助産院が無許可であったことから大きなニュースになっている。

無許可助産院で女性死亡:相模原の助産院長を書類送検

 県警の調べに対し、助産師は「目視で1~1・5リットルの出血があったが、血の色が薄く、体液が混じっていると判断した」と供述。無許可で開設していた 点については「保健所から許可がもらえず、多忙でそのままにしてまった」、緊急時の病院を確保していなかった点には「提携できる病院が見つからなかった。 近くに大規模な病院があり、実質的に緊急時の態勢は整っていると思っていた」とそれぞれ説明している。
助産院の開設にあたって法律が求めていることは、異常が発生した際に速やかに提携している医師に引き継げる体制を整えることである。まさに、このような事故を防ぐための規定を助産師が無視したことで発生したわけだ。

助産院での出産を考えている女性には、まず適切な許可を得ているかどうかをしっかり確認していただきたい。対象の助産院だけでなく保健所にも問い合わせ、提携医師がどこの誰なのか、その医師の評判まで調べておくくらいの慎重さがほしい。

今回の事故では水中出産であったという。事故との因果関係は分からないけれど、水中出産によるメリットと無許可助産院での出産というリスクのバランスを考えれば、自ずからどうすべきだったかは分かるはずだ(女性もまさか無許可だったとは知らなかっただろうが・・・)。

出産は女性の一生において特別な出来事であり、自分の理想の形で出産したいという気持ちは分からなくもない。しかし出産に100%絶対はなく、必ず生命の危険が伴う。どういう形で出産するかは、母子ともに無事に出産することに優先しない。赤ちゃんと自分自身のためによく考えてもらいたいものだ。

・・・

こうしてみると、デカイな・・・
息子は最近、右手の人差指で色々なものを指差すようになった。一昨日あたりからは、私と「E.T.」の「ト・モ・ダ・チ」ごっこをして遊んでいる。

帰省していた娘は、今日の夕方京都に戻る。妻の誕生日でもあり、妻とランチにでかけるつもりのようだ。



他のブログもチェック→にほんブログ村 病気ブログ 口唇口蓋裂へにほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ

2014年9月17日水曜日

生後503日目 頭を打ち付ける・・・

1歳4箇月ともなると、様々なモノを手にとって遊ぶようになり、なかには危険な遊び方をすることもある。昨日はプラスチック製のスプーンの柄を口に入れて歩こうとするので、妻が慌てて止めたのだが、とりあげられた息子は気に入らない。。。

こんな感じで頭を床に打ちつけて抗議(ーー;。下はソフトマットなのでそんなに衝撃はないと思うが、それでも大きな音がするし鼻や上顎を打つと大変なことになりかねないので、これもやめさせないといけない。結果、抱っこしたり遊んでやったり、好きなテレビの録画を見せたり。。。

妻が他の男の子のお母さんに聞いたところ、このくらいのことは普通にやるそうなのだが・・・。

・・・

不動産会社さんにローン審査手続きなどをお願いしていたところ、昨日早速ある地方銀行から聞き取りの電話がかかってきた。その中で聞かれたのが国家資格の有無。

私が持っている国家資格は情報処理系のものばかり。
  • 応用情報技術者
  • ネットワークスペシャリスト
  • データベーススペシャリスト
  • プロジェクトマネージャ
案の定、電話の向こうの担当者は情報処理技術者試験の資格については知らなかったが、担当者曰く、「かなりのプラスになると思います」。・・・そもそも資格の存在を知らなかったのに何故分かる?(笑 担当者がIT系資格の知識があればベンダー系の資格も列挙してやろうかと思ったが、たぶん無駄っぽいのでやめた。

まあしかし、資格は取っていてマイナスになることはないということだ。特に国家資格はウケがいい。勉強した甲斐がある。



他のブログもチェック→にほんブログ村 病気ブログ 口唇口蓋裂へにほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ

2014年9月16日火曜日

生後502日目 リフォーム項目リストアップ

昨日は敬老の日だったのだが、私達が風邪をひいていて、高齢の両親に感染させてはいけないので実家に行くのはパス。不動産会社に行くのが11時の約束だったので、それまでひたすら体力を温存・・・。
息子はやや痰が絡んでいるような感じだが、基本的には元気。試しにレンジで温めるピザまんを目の前に置いて、「熱いよ~」と言ったら(実際にはそんなに熱くない)、かなりビビりながら触っていた。

11時からの約束には10分ほど遅れてしまった。風邪の熱でボーっとしながらも大量の書類に住所と名前などを記入。その後、現地に移動しリフォーム業者さんと合流して、リフォーム箇所をリストアップしていく。とりあえず気になる所を片っ端から上げていく。

リフォーム予算には限りがあるので、おそらく全部やるのは難しいのではないかと思う。優先順位を付けて、予算に収まるところまで、ということになるだろう。その後は、資金が貯めながらちょっとずつ。

アパートの3倍ほどの広さの家で、息子はそこらじゅう動きまわっている。階段を登った回数は4回以上。入居後に最初に必要なのは階段ゲートかもしれない。



他のブログもチェック→にほんブログ村 病気ブログ 口唇口蓋裂へにほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ

2014年9月15日月曜日

生後501日目 物件契約申込

昨日は物件の下見とか、京都から帰ってきた娘と回転寿司へ行ったりと外出ばかりしていたせいか、治りかけていた私の風邪が悪化してしまった感じがする。

昨日見た物件は、何と言っても380㎡という土地の広さが魅力。建物も160㎡あるが、築年数が古いためいろいろ手直しが必要になりそうだ。まあ基本的には、建物はおまけ。息子が大きくなるまで住めればいい。

今日は仲介業者に、契約に向けた最初の手続きに向かう。その後、リフォーム業者を連れてもう一度物件に行き、改修箇所ごとの見積を作ってもらうことになっている。優先順位を付けて、予算内でできるものを選択する。

・・・

私の体調が悪く、昨日もお風呂をパスしてしまった息子。なので計っていないが、たぶん11kgちょうどのままだろう。



他のブログもチェック→にほんブログ村 病気ブログ 口唇口蓋裂へにほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ

2014年9月14日日曜日

生後500日目 ここまでの経過

生まれた時から入院扱いで、退院時に自宅ではなく医大附属病院へ直行だった息子も、今では11kg。予想外の行動で私達を振り回すようになった。生後500日目なので、50日ごとに振り返ってみよう。

生後4日目 哺乳瓶かチューブか



医大附属病院を受診する前の写真。生まれた病院で授乳の試行錯誤をしている頃。この頃は私も肩に力が入りまくっていた。

生後50日目 矯正歯科受診5回目

鼻ステント(NAM)で鼻柱を伸ばしている時期。髪の毛薄いな~(^^;

生後100日目 百日祝い・・・/これまでの経過


NAMに指を引っ掛けないようにミトンをしている。これでちょっと指先の発達が遅れたが、居間では追いついたと思う。

生後150日目 ホッツ床再装着



口唇裂の術後で、NAMが無くなって代わりにレティナが入っている。頬の肌荒れと戦っていた時期でもある。

生後200日目 マットレスを買う

ちょっと顔がふっくらしてきているな・・・

生後250日目 伯母の認知症と「小さな子のいる生活」

頭頂部の髪の毛が逆だってる。

生後301日目 妻の疲れがピーク

生後300日目もやっぱり50日毎に振り返っていたので、301日目をピックアップしてみた。
お座りができるようになっているが、安定してないので周りを囲ってある。

生後350日目 形成外科・リハビリ受診の結果




身体発達は順調だが、このあたりから言語発達について気になりはじめる(今でも、だが)。

生後400日目 流産した妻を気遣う・・・ 


逆立っていた髪の毛が少し寝てきてる。

生後450日目 風呂で寝る


もうこのへんから動きまわってハラハラの連続になっている。

そして500日。
髪の毛が長くなって女の子に間違われるこの頃である。

・・・

昨日の晩に京都からお姉ちゃんが帰省していて、2ヶ月ぶりに息子と会ったが、案の定30分ほど「誰~~!」と大泣き。小走りのようにして歩く姿を見て、「おぉ、速え!」と驚いていた娘だった。

そして、今日は先日見つけた物件を見に行くことになっている。築年数は古いが大きな庭があるし延床面積も大きいのでちょっと期待している。



他のブログもチェック→にほんブログ村 病気ブログ 口唇口蓋裂へにほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ